賃貸選びで気を付けたいこと

賃貸を決めるときに重要になるポイントの一つとして騒音問題があります。まず根本的なポイントとして物件の構造が木造や鉄骨造りではないことに気を付けましょう。隣人や上の階の騒音が伝わりにくい構造は鉄筋コンクリート造りです。下見の段階でしっかりと確認しておくことをおすすめします。また、可能であれば最上階の角部屋を選ぶことで、気にするべき所が隣の部屋だけとなるので、悩みの軽減のためにもおさえておきたいポイントの一つです。次に着目するべきポイントは、入居後の騒音対策です。これは、自分の生活音が隣人の迷惑にならないようにするためにもぜひしておきたい対策です。それは、壁にはなるべく背の高い家具等を置き、壁に音が直接伝わるのを防ぐことです。夜ベッドで長電話をする習慣がある人であれば、ベッドを直接壁につけない位置に置くことを心がけましょう。また、カーテンの種類に気を付けることでも騒音対策になります。遮光機能だけでなく、最近では防音効果のあるカーテンも種類豊富にあります。完全な遮音性はありませんが、使い方によってはかなり高い防音性を期待することができます。その使い方とは、窓よりもややオーバーサイズのカーテンをオーダーすることです。床に10数センチほどついてしまうくらいの長さを選ぶとよいでしょう。わずかな隙間があると、そこから音が入ってきてしまうからです。

できる対策はすぐにして、隣人に迷惑をかけないように、また騒音問題で暮らしにくくならないよう工夫して快適に暮らしましょう。最後に、どんな対策をしてもどうしても隣人の騒音が気になってしまうという時には、躊躇することなく管理会社へ連絡をしましょう。誰からの苦情である等のことは伏せて、管理会社から当人へ注意を促してくれるため、効果が高い方法です。


Copyright(c) 2017 アパートを借りる時の注意点 All Rights Reserved.