賃貸の引越しに関する作業

<前日までの準備>1.大家や不動産会社への連絡現在住んでいる賃貸の引っ越しが決まったら1か月以上前に大家や不動産会社へ連絡します。2.引っ越し業者の手配業者選びは複数の業者から見積もりを取るなどして安くて信用のある会社を選びます。3.各種手続自動車税や公共料金などの解約手続きを行います。4.家具・家電の配置新居の間取りに合わせ、家具や家電などの配置を決めておくと、当日あわてることがなくなります。5.不用品の処分粗大ごみ、家電リサイクル対象の製品は事前申し込みが必要なため早めに確認します。6.荷造り当日に必要なものが以外は、前日までに荷造りしておきます。梱包した箱の中身は外箱とリストに記入しておくと中身を出すときに探す必要がなくなります。7.新居の掃除新居に行ける場合は、事前に掃除しておくと荷物の運び込みが早くできます。8.冷蔵庫・洗濯機の水抜き冷蔵庫は中を出しておき、洗濯機は水抜きをしておきます。9.新居のガス、電気、水道会社への連絡ガス、電気、水道が入居と同時に使用できるよう事前に各社へ連絡しておきます。

<当日旧居での作業>1.荷物の搬出家具、家電の傷や荷物の数を業者へ伝え、後でトラブルのないようにします。2.掃除ほうきや雑巾などの掃除用具を用意しておき、旧居の最後の掃除を行います。3.料金等の精算公共料金、家賃・敷金などの清算をいたします。4.部屋の明け渡し大家や不動産会社立会のもと、部屋の明け渡しのために部屋のカギの返却を行います。

<当日新居での作業>1.荷物の搬入家具や家電など大きなものから搬入します。また、事前に置くものを考えておくと、先に搬入してほしいものが指示できます。2.ガス開栓の立会いガスに関しては、開栓のための立会いが必要になります。事前連に開栓日時を連絡しておきます。


Copyright(c) 2017 アパートを借りる時の注意点 All Rights Reserved.