賃貸住居の引越しの流れとスケジュールについて

賃貸住居の引越しの流れとしてまず最初に見積もりを取ることから始める事になると思います。電話やメールでの見積もりも可能な場合が多く、引越しが単身なのか、何人の家族なのか、大型家具のリスト・家電のリスト・ダンボールの数などある程度詳細に知らせ、さらに、引越し先の間取り・道幅・エアコンの有無などを知らせると、詳しい引越しプランを立ててくれますので、納得出来たら契約と言うことになります。その後のスケジュールですが、6日ぐらい前に転出届や就学中の子供がいる場合は転校届、ペットなどの届も早めに手続きしておいた方が良いです。

次に4日ぐらい前に郵便や電話などの手続きや家賃などの清算をしてしまいます。引越し日の2〜3日前あたりに電気・水道・ガスの連絡をします。前日には荷造りや当日の段取りなどをチェックし、新居での段取りもチェックしておきましょう。引越し当日は、電気・ガス・水道の閉栓・清算、旧住居の掃除など意外と忙しいので、準備はほとんど前日までに済ませておいた方が、当日慌てることもなくスムーズにいきます。引越しが終わって新居に入居してからは、転入届・子供たちの転校届・ペットなどの届・電気・ガス・水道の手続き、そして近所などへのご挨拶も大切です。


Copyright(c) 2017 アパートを借りる時の注意点 All Rights Reserved.