アパートとマンションの違いについて

マンションとアパートの違いについてご存じでしょうか。おそらくアパートの方が家賃が少し安いといったイメージをお持ちかと思います。あなたが学生ならば、下宿先は学生寮かアパートの2択になりますが、もし社会人である程度資金に余裕がある場合は、新居にマンションという選択肢が増えます。それぞれのメリットについてご説明致します。まずマンションのメリットは、鉄筋コンクリートの建物が多く、地震や火災などの自然災害に対して強いこと、また壁を厚くしているので防音性の高さも特徴です。

次にアパートの場合は木造や鉄筋でも軽量な構造のものが多く、夏場の部屋内部の熱を放射したり、梅雨の時期の湿気を和らげる効果があります。また管理費や共益費が低く設定されていることや、駐車場代を含んでいたりといったメリットがあります。マンションとアパートで比べる場合、おそらく金銭面で判断する方が多いと思いますが、実は家賃の設定は周辺地域の利便性や築年数の影響がとても大きいのです。またマンションは防犯面の設備が充実しているので、その分上乗せして高く設定しているケースもあります。リーズナブルな固定費に魅力を感じるか、生活の快適さに魅力を感じるかはあなた次第ですが、コストパフォーマンスで考えると私はアパートに住むことをおすすめします。


Copyright(c) 2017 アパートを借りる時の注意点 All Rights Reserved.