賃貸からの引越しでやっておくこと

賃貸物件から引っ越す場合、引っ越しの一か月前までにはやっておきたいことがいくつかあります。引越しが決まったら、管理人さんに連絡をします。このとき、賃貸借契約書を確認して、転居する場合には、何日前までにはいわなければならいのか、ということを確認します。期限を過ぎているなどということがあれば違約金をはらわないといけないということもあるので、引っ越しが決まったらなるべく早く確認するようにします。

その後、役所に転出届を提出します。転出届を出したら、転出証明書というものを発行してくれますので、これは引越しをしたら、引っ越し先の役所に転入届と一緒に提出するものです。学校に通っているお子さんがいる場合には、転校の手続きが必要になります。転校の手続きの際には、転出証明書と、教育委員会が発行する異動票が必要になります。これらを学校に提出して、転校届を出します。学校からは在学証明書を発行してもらえるので、これを転校先の学校に提出します。

あと引越しの一か月前までにすることは引越しのための準備です。引越しは、不用品を処分するチャンスです。粗大ごみを捨てたり、リサイクル業者に引き取ってもらうなど、いるものといらないものを分けましょう。


Copyright(c) 2017 アパートを借りる時の注意点 All Rights Reserved.