アパートで生活する方へ

まず、類似したイメージのある呼称があるアパートだか、アパートとは建物の内部を複数に区切ることにより、独立した住居としてそれを家主が居住者に賃貸する集合住宅のことを言います。ただ、そのようなくくりならマンションも近く感じるが、マンションは共同住宅というより、大規模・豪華なものを指すそうです。不動産の取引では通称アパートは木造アパートと軽量鉄骨造アパートがあります。そのアパートに対し、マンションは鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄骨造、もしくはその他の構造で建築されたものを呼ぶので構造から違います。同じ集合住宅でもの性質上の違いにより、アパートはマンションと比較して隣室への物音が伝わりやすいので騒音による隣人間のトラブルも起こりやすいです。賃金が比較的にマンションよりも安価だが、それに比例して騒音以外にも火災や水漏れなどの被害が隣や上下階の部屋や近隣の民家などへの被害が伝わり易いのが問題となるケースもあるそうです。

昭和初期から建てられ始めたと言われるアパートですが、2階建までのアパートのことをコーポと呼ぶこともあるそうです。関西地方で、水まわりの独立したアパートのことを文化住宅と呼んでいたそうです。最近はあまり見かけませんが、風呂なしアパートは当たり前でした。あと、管理者である大家との同居する形のアパートもありました。つまり、個室として提供される部屋に下宿人が住む形です。それぞれの部屋にはトイレや風呂、台所などの水まわりは付いてなく共同になっていました。共同で一緒のアパートに住む人同士が家族のような温かい付き合いが出来る環境にあったそうです。

時も流れてアパートの形態も家主がアパートに居ない形が当たり前になってきました。共同に風呂やトイレや台所を使うこともなく、1住居に1つが当たり前になったことにより、隣の部屋の人やご近所付き合いも薄れてしまいました。それにより、生活スタイルが夜型や昼型などの違いなどにより騒音トラブルなども起こりやすくなりました。アパートも時代と共に進化をしましたが、それと同時に住む人の生活上で問題が起こるのは住む人にも住む人でアパートのように成長することが大切なのではと思います。


Copyright(c) 2017 アパートを借りる時の注意点 All Rights Reserved.