初めての不動産は新築一戸建てです。

新築一戸建てに住むのは誰もが最初に描く夢かもしれません。
生まれて初めての自分達の不動産を取得したときの気持ちは今でも覚えています。
引っ越しが住んだあとの何とも言えない気持ちは生涯忘れる事が出来ないでしょう。
畳のあの香り、木の香り、全てが新鮮でした。
まだカーテンの無い家でしたが、自分達だけの空間であるということの素晴らしさを実感したものです。
それまでは煩いアパートに住んでいたので、隣の子供達の声に朝、目を覚ますような事は無くなりました。
やはり、あの頃は私はフルタイムで仕事をしていたので、朝は時間までぐっすりと眠りたかったものでした。
土曜日曜は特に朝寝坊をしていたいのに、廊下が煩くて参ったものでした。

朝、中途半端に目が覚めた時の苛立ちってありません。
新築一戸建てに住み始めて、今まで早く起こされていた事がストレスになっていた事に気づかされました。
初めての不動産取得でしたが、結構どっちの物件に決めるか迷った時もありました。
買った後はあの家で良かったと思っていますが、住めば都とは良く言ったものです。
子どもが成長するにつれて狭くなってきましたが、直せる所をリフォームして貰い、より住みやすくしました。
ほんの少し家の中を替えるだけで、中の環境も雰囲気もガラっと変わります。
いつも同じカーテンばかりでなく、偶に別なカーテンに替えるだけでも気分も変わって良いものです。
自分の家はやりたい放題に工夫して、より住みやすく替える事が出来るので楽しいです。


Copyright(c) 2017 アパートを借りる時の注意点 All Rights Reserved.