アパート若き男性の生き方

あるコミックを読んでいたらボロアパートに暮らしている青年の話が書かれてありました。それを読んでいたらあこがれてしまいました。彼は風呂が嫌いですがそれは似ていません。ラーメン屋でアルバイトをして細々と生活しています。お腹が空いたら寝て忘れるという特技を持っています。彼女が欲しくても我慢して、たくましく生きている所が好きでした。その頃自分にも彼女がいなかったので、共感した所があります。彼の部屋には食べられる椎茸が押し入れの中に生えていました。お腹が空いたらそれを鍋に入れて食べていたのです。それも生きる為なので仕方がありません。そこ迄は落ちたくありませんが、今でも思い出す物語です。それで昔は勇気をもらえました。

架空の話を読んでいても昔から貧しい暮らしをするのではないかと思っていました。仕事を真面目にやっていますが、お金はギリギリで生活しています。将来は映画の一本も観れなくなりそうだと考えています。レンタルショップで旧作の作品を借りて見るのが精一杯になります。それでも仕事があるのでまだ幸せだと考えています。気持ちはいつでも前向きなので、充実した生活を送れると信じています。頭に思い描いている賃貸の生活は実現すると思いました。


Copyright(c) 2017 アパートを借りる時の注意点 All Rights Reserved.